前へ
次へ

不動産投資をするメリットは安定した収入があること

不動産投資は、多くある投資の中でも手堅く安定した収入が入ってきます。
この投資の具体例は、賃貸アパート経営です。
人に賃貸アパートを貸すことで借主から毎月賃料を受け取ることができます。
この賃料は景気にあまり左右されることがないので、大幅に賃料相場が下落することがないため、安定しています。
ですから、不動産投資をしておくと毎月賃料が安定して入ってくるので手堅い投資だと言われています。
そして、老後になった時にこの投資から発生する収入があれば、公的年金にさらに収入が入ることで老後の生活はかなり楽になります。
若いうちから老後の生活を見据えて不動産投資をするのは、非常に先見の明があります。
会社を定年退職をすれば、収入はアルバイトをしなければ公的年金だけになります。
生活費が公的年金だけでは足りない場合には、アルバイトをしたり貯金を切り崩していくという流れが一般的となります。
ですが、不動産投資からの安定した収入があればアルバイトせずとも老後の生活を安泰です。

Page Top